バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

自己紹介Part11〜オーストラリア編③ゴールドコースト第二期-1

f:id:vagrantbartender:20200418201200j:plain

  兄の結婚式出席のための一時帰国を挟みつつ、2006年8月〜12月に渡ってブリスベン近郊の農地を渡り歩き、2年目のビザを手にする権利とまとまったお金を手にしてゴールドコーストに戻ってきた私。
 まずは再び家を探しつつ、今後の身の振り方を考えなければならない。アウェイでの経験を積んだ私だ。入国時と同じような生活で満足するわけにはいかない。もっと勉強と経験になる日々を送らないと。そんな向上心が仇となるとは、夢にも思わなかった。

今回の範囲

家を見つけて再びゴールドコースト生活開始。しかしなかなかうまく生活の歯車を動かすことができなかった1月と、人生最悪の1ヶ月となった2月。オーストラリア遊学中、もっとも暗い、しかしそれだけに深い学びが多かった期間のお話です。

2006年12月31日13:00「あれ、おかしいな」

12月31日と1月1日仕事!!!!!!!!!!!!!
Mンテは辞めたはずだが!!!!!
…まあ快く引き受けたんですけどwwwwww

やっぱりね、という気持ちもあるんですけど
その辺が私らしいんですけど
いや、うだうだ言わずに

やったるわーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
今後一週間の課題
「如何にChangの機嫌を取りつつ自分の力を発揮するか」
うーん新年早々ちょっとしたアウフヘーベンが必要だ。

 上の日記は最初にアルバイトをした日本食レストランが年末年始で人手不足、手を貸してくれと言われた時のもの。もはや時給が安く、何より前年の自分のようにオーストラリアに来たばかりの人間が多く働くこのお店に正式に戻ることはないだろうと思っていた。
 それよりも、今の自分が挑戦すべきは日本人経営ではなく、地元の人間、つまりオーストラリア人が経営する店。そうでなければやりがいがない。そう意気込んでいた。しかし…

2007年01月03日16:23「ぐわっ」

あけましておめでとうございます。

年越しはSurfers Paradiseのビーチで花火を見ながら過ごさせていただきました!!

なんですけど…
花火ショボかった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
世界有数の観光地なのに…
大学祭の花火にちょっと毛が生えたくらいだったかな(言いすぎ?)

んで、本日畏れ多くもサーファーズ一の規模を誇るレストランバー&ナイトクラブであるMelbas on the Park,通称メルバスに面接に行ってきやした!

結果

やっぱり撃沈!!うわーーーーーーーーーーん

面接のおねえさん曰く
「あなたは日本人にしては美しい英語をしゃべるけど、もうちょっと練習が必要ね~」

まあ確かにシュンの言うとおりヒャドでデスピサロに戦い挑んだ感じだったかも…

実務ではぜってー負けない自信があるのに…
まあ気持ちを切り替えてレベル上げしなきゃ。
メタルスライムいないかな。
次のターゲットは日系企業のアレかも??

病んでます①

2007年01月10日20:43 「なんだかモヤモヤ」

昨日書きかけてというか完成させて読み直したら情けなくなって消しちまった昨日の日記(の内容)を復活させてみようかと。
書くことは俺にとって、あるいは多くの人にとって考えを整理するきっかけにもなるからね。

だからできるだけポジティヴな感じで書こう。同じ状況や感情でも「書き方」ひとつで受け手(読み直す俺自身を含む)の捉え方は変わるはずだから。

前置きはさておき。
ピッキングからゴールドコーストに戻ってきて2週間半。
以前世話になったジャパレスの手伝いをちょこっとしただけでいまだ無職。出戻りという退路もどうやら自ら絶ってしまったようだ。甘ったれな俺にはそれくらいでちょうどいいけど。

当初はコンピュータ関連のインターンをする予定でいたけど、無給だから収入源を確保してからの方がいいよなと先延ばしにしている。こっちはいい加減申し込むとしよう。

あとはどうやって収入を得るか、それが決まらぬ。
ゴールドコーストを出る4月以降の長期的な目標はあるのに4月までに何をしようかという短期の目標がない。あるいはどうして4月までここに留まる必要があるのか?という気もし始めている。

英会話が上達するような仕事がしたい。それにはローカル経営接客業が一番。要するにほとんどの場合飲食店ですな。
飲食店。日本でやってた。でも日本に帰ってから飲食業をやるつもりはない。だから日本に帰った後に役に立つもので収入を得たい…

あれもこれもとワガママな気持ちが自分に二の足を踏ませる。
そうしているうちにピッキングで貯めた貯金はどんどん減っていく。
昔からの「これ!!」と一本に絞ってそれだけに向かって進めない悪い癖が今、モロに出てます。

結局都合のいい逃げ道を探ってる感じ
それは自覚できる
でも何から逃げようとしてんのか
どうすれば「逃げ」でないのか
それがさっぱりわからん

これ、たぶん俺の最もイケてない点のひとつだ。
就職活動の時にも感じた感覚に通ずるものがある。
変な閉塞感。
今回のこの壁はどうやって越えようか。
これは何が何でも解決しなきゃならない。
理屈でわかるけど熱意みたいなものはついてこない。
それが悔しいしもどかしい。

とにかくお金が手に入ればOKか?
減るだけよりはましだろう
ピッキングしてたときはとにかくやるしかなかったからむしろ逆に楽だったかも

 少しだけわかるのは、オーストラリアに来たばかりのころは目新しいことばかりでたとえ日本人経営の飲食店であっても挑戦しがいのあるものだったけれども、9ヶ月たった今は、色々わかってきてしまったので自分に課したいものがそーとーワガママになってるなーということ。
多分ローカル経営の店だったら認められるまでだいぶ苦労するだろう。たくさん悔しい思いもするだろう。英会話の面から見たらかなりいい経験になるに違いない。精神面でも鍛えられるだろうな。でも実際の仕事は…??新しく身につけられるものなどきっとないだろう。
と、勝手に考えてしまうようになってる。
 
 毎日これは、という職を探しに街に出てるけど、いつもこれといった成果もなく、ただ時間と金を使うだけ。それがこの一週間。例えるなら目的地が決まらないからママチャリのスタンド立てたままペダル漕いでる感じかな?前には進まない。最初からチャリにまたがらない奴と何も結果は変わらない。うだうだ言わねーでやってみりゃいいのは百も承知

 そもそも雇ってもらえるかわからないのにこんなこと考えてしまうのは、ホントになんでだろう??何様??
この行動力の劇的な低下はなんだろう??
まじ謎!!
な~にやってんだ、俺
とりあえず笑っとけ
なーーーーーーーーーはっはっはっはっはっは

んー読み返した なんて駄文!でも載せちゃう
ここでこんだけ恥をさらせば恐れるものなどない、と思いたひ
お粗末様でした!!!!!!!!!

病んでます②

2007年01月13日18:32「電光石火(でも内容は超長い)」

頭ん中に火花が飛んだ。

ここんとこ約2週間、幾ら点火しようとしてツマミをひねっても火花が飛ばずにガスだけ垂れ流す点火不具合のコンロみたいな俺でしたが、昨日と今日でやっと着火。

ちなみにコンロって日本語ね(焜炉)
gas conro とかcassette conroとか訳わからない英語使っちゃだめよww(正しくはgas stove, portable stove)
そしてコーンロウを連想しちゃだめよLeeちゃん?

閑話休題。

とりあえず昨日の話から。
最近ずっと街を歩いて「ここでもいいかな」くらいに思える店にレジュメ(履歴書)持っていってたりしたんだけど、結果は芳しくなく。俺としてもどーしてもやりたい、って気があるわけでもなくいたのね。「ここでもいいかな」ですから。

そこで昨日、ローカル経営からちょっと視野を拡げて高級タイレストランにも手を出してみた。そこは結構由緒正しい感じのとこで皆英語がうまく(ちなみに飯もうまいたかい)ここが一番レベルにあってるなーと思ったので。

そしてそれを申し込みに行く直前、事件は起こった。

友達の車の免許の写真見ながら写りがどーのこーのと喋っていたのさ。そして流れ上、自分の免許証も取り出そうと財布覗いたのさ。ないのさ。

って、うそだろーーーー!!!!!!!!!

ああそうだ、ピッキングしてたときはポケットにデカい財布&ウォレットチェーンなんぞできるわけないから5ドルで買った小さいのに貴重なカード類を移しかえて携帯してて、元の財布に戻したときに、免許証だけ戻し忘れたのかも!!

んでその財布どこやったっけ??

・・・捨てた気がする(汗ダラダラダラダラ)

もし免許をなくしたとすると・・・

確かに俺は国際免許を持っています。
しかし有効期限は一年で、三月に切れます。
そもそも正規の国内免許証とセットでなければ効力を発揮しません。
もっちろん日本の免許証がなければ現地の免許に書き換えるなどできやしません。

無免。

4月からを予定しているバイクでの旅計画が根底からオジャン。
今までの俺の努力は一体…
9ヶ月、全てそのために行動してきた。
ピッキングいった。
金貯めた。
セカンドビザ申請した。
ようやくバイクが買えるところまできた

なのに…

俺、ブリスベンから半径100キロ以内のところにしか行ってない。それもこれも全て「今後バイクで行く」と決めていたから…!!!

全て水の泡かよ!!

免許証がなかった場合、俺に与えられる選択肢は
①あきらめて公共交通機関で旅に出る
②日本に帰って免許の交付を受けてくる(ピッキングで儲けた金が吹っ飛ぶ)

それぞれ吟味

①別にバイクでないなら今すぐ旅に出てやるわ!!
セカンド申請しちゃったけどキャンセルできるならキャンセルして3月で帰る!!ふんだ!日本に帰ったらとんだ笑いモンだぜ!!

②やる気があるならこれくらいやったるわ!!でも二度も一時帰国する奴って一体…日本に帰ったらとんだ笑いモンだぜ!!
1~3ヶ月かけてもう一回金貯めて…帰国予定を大幅に遅らせて…そして北部の雨季を避けて…
ホントに実現できんの??

とーにもかくにも、ホントに免許証がなかったら仕事どころではない。
あーそれにしてもこれは最近グダグダだった俺への神罰なのか…それにしたってあんまりだ…

12/29の俺の日記に対する名古屋嬢のコメントが頭をよぎる。
*******************************************************
>ほころびが気になったら、大きな穴になる前に縫えばいい。
大きな穴になってしまった後はどうすればいいんだろ
新どぅさんだったらどうします
*******************************************************

でかい !!でかすぎるよこの穴!!ほころびっつうか一気に風穴ですよ~!

んま、あったんだけどね、スーツケースの中に財布ごと。
捨ててなかったようだ。
本当にホッとした。よかった(T▽T)。

でも、今までの、そしてこれからのオーストラリア生活がひっくり返るかもしれないという恐怖に晒されて、今までの自分がとーーーーーってもつまらないことにこだわっていたような気になったんだ。

仕事の種類がなんだっつーの
4月からの計画が没になるよりいいじゃん(無職のままだと没になります)

そんなわけで、本日、いらんこだわりを捨てて某ジャパニーズレストランに面接にいってきやした。

もっちろんジャパレスだったら売り手市場だぜ~という自負というか思い上がりがございますので受かったけど。

しかし
あそこってオーナー日本人じゃなかったのな!!
最初英語で話しかけられたさ!
日本語も喋れるみたいだったけど面接は全て英語でさせていただきました。意地で。

そして気になる
$時給$
ですが。

before tax about $16 to $18 だそうで

日本人のお客さんはそんなに多くないらしい
中国人富裕層多し
ジャパレスっつってもどうやら日本人だらけじゃなさそーよ

「ここがいい」って思えた。

んでお約束どおり「勉強してきます」ってメニューを借りて帰ってきた。

うん、行ってみるもんだ。

来週水曜日のディナーがデビューです。
来週月曜からPCのインターン。
…朝から夜中まで仕事。

よっしゃ復活!!!!!!

↑復活とか言っておいて、本当は自分でも気づかないくらいに虚勢を張っていたような気もする。

学び⑫失敗は成功の母。その理由

2007年01月19日13:13「理転~Excel修行による天啓」

自他共に認める超文系なピロシでしたが、ここにきて理転!?
今週からこっちの日系PC会社でインターンとしてExcelを勉強中。

目ぇ疲れるわ~

関数なんて大学入試(しかも前期)以来!
行列は勘弁してください!
数ⅢCはやったことありません!

でもねえやっぱ俺、「ルール」作るの好きだわ。

仕事がしやすいように
苛立たないように
てゆーか楽できるようにww

効率のいいルールを自分で作ってそれに従って自分や他人(フフフ…)、あるいはモノが動いてる時は快感であります…!!

でも色々と仕組みを作る作業をやってると、このやり方で思い通りにうまく動いてくれるんかなあ?
と迷うことが多々あります。多分これがあーなってダメだろうとか。

想像力が豊かだと、「まだ実際に起こってないこと」まで想像してしまって尻込みしてしまうことって、あるよね。

まあ、試しにやってみるわけです。
…案の定ダメ。問題発生。

でも、試しにやってみるのと、やらないのとの間には凄く差がある。
それは多分言い尽くされてきたことなんだろう。でもその差はなにかといったら

「具体性」

の一言に尽きると思う。
やる前の想像といっても
いつ
どこで
なにが
どんなふうに
うまくいかないのか、そこまで想像しきれるものではないだろう。
もし想像できるなら、それはやらないほうが賢明なものに違いない。

でも大概のことはそうじゃない。そして、いつ/どこで/なにが/どんなふうに良くないのか、具体的な条件が分からなければ解決方法もまた探し得ないのだ。

頭の中でどれだけ失敗を想定して、またその解決方法をシミュレートしてみたところで、実際に起こる出来事と細部はやはり違う。ということは解決方法もまた違う。
どれだけ想像力が豊かでも、目の前にある現実に具体性において勝ることはありえないのだ。

不安要素があっても、まずは「やってみること」そしてその不安要素を具体化してみること。これって大事だね。

そして「失敗は成功の母」というのはこういうことなんだろう。

予想に反してうまくいったら儲けモン、ということで☆

25歳でこれを言語化できたのは中々だなと今でも思う。

2007年01月24日16:47「健康診断」

やっぱり全て異常なし!

規則正しい生活が功を奏したのか低血圧からも解放されました。
まあ指定のmedical centreの場所がかなり異常だけど。

その足でSouthportの移民局でビザ申請しようとしたら…
水曜日は13:30までだってさ。
ったく仕事しろよ…

あ、Excel修行は一段落(追い求めると切りが無いというかゲームをつくってしまう)したので今度はWebデザインに着手。

楽しいけど無給。
無給でも楽しい。
有給の方は正直つまんないや~。

 さらっと書いているけど、この有給の方が、というのが新しく始めた高給の日本人経営ではないジャパニーズレストラン。ニュージーランド人オーナーだったのだけれど、気難しい人で飲食業あるいは客商売向きではないなといった感じでした。なぜかは忘れたけどオーナーから私が注意を受けた時に、それを見ていた板長に後でぼそっと「君は悪くないと思うよ」と言われたのは印象的だった。ああ、信頼関係とか、ないんだな、と。さらに時給は良かったけれども暇な時があまりに多く、早上がりをさせられるので結局稼げない。日記には書いていなかったけれどもそんな事情から、結局最初に働いた日本食レストランに出戻ることにしたのでした。

2007年01月27日11:55「あれ、おかしいなPart4」
 
通帳の残高がGattonで稼ぎ始める前と同じくらいになってるや!!

あっはっはーー

バイクまだ買ってないのに!!
貧乏人は小金が貯まるとすぐ使いたがるから駄目だね!!

まあPC修行をしてる間はゴールドコーストに滞在しますがそれ以降はひょっとしてまたピッキングだったりして??まさかなー

PC修行、インターンのため無給なのは痛いな~(稼げる時間が減る)でもただで学校いってると思えばむしろめちゃ得してるよな

ああ予定は未定。
仕事が一定でないということは予定も一定とはいかないってこったなあ。

いや違うなあ、環境や条件が一定でなくても結果は一定のものを出すのがプロってもんだよなあ(なんのプロだ)。

にも関わらず今更サーフボードを買おうとしている俺。
格安ですが。
まあやっとのことでやりたいと思えたのでそれを金にビビッて抑えてたんじゃー学生時代と変わらんな、ってことで買っちまおう。

まあお金はどうにかしましょ!!
やったるぜぃ
今朝、ポテト(♀)とトマト(♀)にくっついてってサーフィン挑戦してきました。
ボードはナナ嬢が$130で売ろうとしていたものを

「にいさんなら・・・(潤んだ瞳)」

と$50にて入手。
サンキューでした~!!

女性を扱うように大切にします。
(ちなみに↑これは出身男子高の学食の「食器は『女性を扱うように』丁寧に扱ってください」という貼り紙By学食のおばちゃん より引用

今までは
・コンタクトレンズ失くすの怖い
・車買う予定無いからいろんなポイントにいけるわけでもなし
・いや俺はバイクを買っていろいろやるんだからそっちが優先で…
・なんやかんやで優先順位が下になる

とまあ色んな理由やら言い訳やらでサーフィンは縁がないかな~?と思ってましたが最近クソ暑いせいか急にやってみたくなったであります。思い立ったら即実行??ということで。

まあ、最初っからうまくいくはずないんですけどね!!
でも楽しかった!

好きでやってる仕事ではあるけど、やっぱり仕事だけで終わる1日というのは味気なく思ってしまうこともたまにあるので、これからはメリハリがつきそうというか、毎朝の楽しみが増えたという感じです。

でもやっぱり仕事ではないのでこれは休日の草サッカーの如くダラダラ気長にやっていこうかと。

…休日の草サッカーの如く熱くなる可能性も否めませんが。
明日の朝また海いきまーす

とにかく新しいこと、挑戦がしたくてしょうがなかったんだろうなあ・・・

2007年2月。人生最悪の一ヶ月①

2007年02月01日20:01「さて2月」
はっきり言いましょう。先月を一言で例えるならば

「後退」

という言葉がぴったりでありました。
得たものは、ないことはないけど…いや、ないな。

強いて言えば
「少しでも油断をすれば現状に留まることなくあっという間に転落するのが俺」
という教訓を思い出したことくらいかな。反省!!!!!!!

一月頭からの半月に渡るやる気ナシ期間は、今になって予想以上のダメージになっております。

とはいえ今は気力・体力共に充実した日々を送ってます。
サーフィンは始めてからの5日間で4日海に行ったけど、このペースがどこまで保てるか楽しみでもあります。

ま、1月がイケてなかったなら2月で帳消しにすればいい。1月の「自分にとって有益な時間」がそれまでの半分だったとすれば、2月は1月の3倍を目指せばいい。

1月はほぼ無職でPC修行始めたのは半ば以降だった。金を無計画に浪費しただけ。

でも2月は
・サーフィン
・PC修行
・生活&貯金のためのアルバイト

この3本柱がある。だから不可能ではあるまい!!

平日をオフにしないと2ndビザ受け取ったり免許取ったりできないのが痛いところだが…早めに済ませましょ

がんばるべー

 確か、この日記を書いた翌日だったと思う。
当時好きだった女性(日本にいる)から、子供ができたので結婚すると連絡がきたのは。
 別に付き合っていたわけでもないので抗議する権利はないのだけれど、一時期は私もオーストラリアについていこうかな、とか言われていたし、オーストラリアに来て以来彼女の希望で手紙のやりとりなどをして悩み相談なども受けていた。ただ、自分は今オーストラリアにいる人間だし、ここでやりたいこともある。バイクでのオーストラリア一周だ。何かを成し遂げて一回り大きくならないと、彼女に釣り合う男にはなれないのではないか。それをモチベーションとして辛い農作業も乗り越えてきた。
 一体自分は何のために頑張ってきたのか・・・いや、まずは自分のためだと言い聞かせた。しかしそれでも自分の力が急に失われていくのを、仕事場で露呈することになった。

2007年2月。人生最悪の一ヶ月②

2007年02月06日14:56「勝負どころ」

1月に堕落した私は2月始まってすぐにトドメの一撃を喰らい…

今、オーストラリア生活で一番の精神的苦境にございます。

どう立ち回れるか。
成長できるのもこういうときだし、間違った判断をしやすいのもまたこういうときだ。

一日一日、目の前にあるものを確実にやっていく。
それだけが、今を切り抜ける術と思っています。

…ボードのフィン壊れたけどね

 

 何がダメだったかって、行きすぎた向上心を抱えたまま出戻ってしまったこと。経験者だったこともあり周りの人たちを「オーストラリア初心者」「日本人社会に留まったままの人」と見下すような態度をしていたように思う。一方で仕事は上記のショックなどから集中力を欠いてミス続き、俺はそんなはずはないと挽回しようとして空回り。

そんな人間が周りに好かれるはずがない。

 

2007年2月。人生最悪の一ヶ月③

2007年02月11日17:50「逆風がなんだこの野郎」

PC修行、バイト、サーフィン、この三本柱で2月はやっていくといったものの、そんな日記を書いた翌日に大きなモチベーション供給源が消滅し、頭の中がぐっちゃぐちゃになっていた俺ですが、それに追い討ちをかけるかのごとく

・先週末にフィンが壊れたサーフボードが再起不能
・頭がさっぱり働かずバイト先で訳のわからない振る舞いばかり まだ体が仕事を覚えてる段階ではないからもう大変
モ○テ入った当初がフラッシュバック。超アウェイ。免疫あって良かった(しかし学習能力はないらしい。アホだわ。ここいらは素直に認めましょ)

・・・三本柱のうち二本までもがうまくいってないではないですか!!
と、今週は散々でございました。
最優先事項の「PC修行」「金を貯めなおす」が実行されているのだけが救いかな??

とりあえずサーフボード、新しいのを購入いたしました。
今度は長いファンボード。ちょっと予定より高かったけどその分大切に扱ってそれなりの値段で転売すればいいや。
これで生活にメリハリがでるよ。がんばって体を作るとしよう!!

最近はうまくいかないことが多すぎて自分や自分の可能性が信じられなくなったりもしましたが、それもこれも全て経験、最大限に活かせればと思います。

宇多田ヒカルも桜井和寿も向かい風に向かって飛べ(跳べ?)と言ってることだしな。
あるいは草野正宗の言うように逆風に向かい手を広げて壊れてみようか??

それもまたよし

そしてこういう時には
「自分はまだこんなもんじゃない」
と思って歯を食いしばってやってきた。それはそれでいいかもしれないけど、そうやって自分の現状を否定してしまうのもまたある種の「甘え」ではないのかな?と最近やっと学習したような気もします。

「自分ひとりでどうにかします!」
「これは俺の問題だから人に迷惑をかけるわけにはいかない」

ってのはある意味でめちゃくちゃ甘えんぼさんな考え方だと。

どこまで行動に反映できるかわからないけど・・・
そんな悟りを開いた今週でした。

それから大事なこと…

みんな本当にどうもありがとう!!
いや、なんとなく、ね?

2007年2月。人生最悪の一ヶ月④

2007年02月26日10:34「緊張と弛緩」

一般に筋肉は、緊張と弛緩のふり幅(落差)が大きければ大きいほどより大きなパワーを生み出すとされている。

筋肉の話だけではない気もする。

精神的な緊張と弛緩…

俺、ヘッタクソだなーーーーー

緊張すべき時にユルっと弛緩し、
力を抜くべき時にも力もうとしている。

あるいは軽いものを持つのに必要以上に力を入れ、重いものを指一本で持とうとすることもある。

はたまたギアを5(…6?)速に入れた状態で発進しようとしたり。

つまり常に中途半端だったり、誤った力の入れ方をして疲弊だけしてるわけだ。
疲弊してるからやった気にだけなるけど、それでは結果はついてこない。
それが多分自分が不器用だと言われる遠因なのでは。

謙虚になるとは。

軽いものを得意げにもって調子に乗らないこと。
重いものを軽そうに見せようとしないこと。
力を抜くべき時には意味のない虚勢を張らずにきちんと抜くこと。
ローギアから発進すること。適当なタイミングでギアを変えること。

たぶんそういうことなんだろう。
自分自身のコントロール、もうちょっとうまくなりたいもんです。

と、この時期は本当に辛かった。幼稚園時代に記録した「一番辛い期間」はこの時期に塗り替えられた。
職場のかなりの人数を敵に回した。もう辞めたいと願い出るほどに。原因は私にあった。
でも周りに支えてくれる人もいてくれて、どうにか自分と向き合うことができた。
3月に入ると、ひょんなことから精神状態は好転。地に足をつけて旅立ちの準備を進めることになります。