バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

自己紹介Part4〜中学校編

f:id:vagrantbartender:20191119123823j:plain

 

自己紹介Part1 生い立ち&幼少期 - バーとお酒の入門講座

自己紹介Part2 〜小学校編・前半〜 - バーとお酒の入門講座

自己紹介Part3〜小学校編・後半 - バーとお酒の入門講座


 中学校も学区内、最寄りの市立中学校。ただし仙台市内有数のマンモス校なので僕の卒業した小学校と隣の小学校(転校前の学校とはまた別)がまるまるすっぽり同じ中学校に組み込まれる。また別の学校が半分くらい、小学校3年生まで通っていた学校は4分の1くらいの生徒がこの中学校に組み込まれる。ちなみに仮に私が転校していなくとも、この4分の1に組み込まれていた。実際兄と姉は小学校時代に転校をしていないが結局は同じ中学校に入学している。

 

 さてそんな大所帯な学校で私を待っていたのは、やはり自分より勉強が出来る人間、スポーツが出来る人間、リーダーシップのある人間たちなのでした。まあ当たり前ですね。

 なので、小学校よりも競争率の増した「優等生争い」に身を投じていくことになります。ですがなんといっても中学生、いや厨学生。「優等生なんざダサい」と嘯きながら、必要に応じて悪ぶりつつ、しかし内申点には傷がつかないように振舞っていくこととなります。
 

結果。

 

勉強〇
2年時の中だるみを経つつも最終的に学年トップクラスを維持。というか意地。ひたすら数学が苦手。実技教科4教科も含めた9教科で他の点数は90点台なのに数学だけ70点台とか・・・。3年時の受験勉強では「落ちた時のこと」を想像し眠れなくなる→しょうがないから勉強、というサイクルにハマる。とりあえず志望校である、学区内トップの高校には合格できたので良し。

 

部活△
サッカー部。悪友だらけw 最後までレギュラーになれず。12番手という感じだったなあ。今でも付き合いのある友人曰く、「お前はそれなりにうまかったけど、当時はなんといっても小さくてパワー不足だった」とのこと。ちなみに入学時点で147cm、3年生の春に161cm。 ※現在は176cm。

 

課外活動◎
ピアノは小6と中1の間の春にやめてしまっていました。兄・姉も中学校入学後に部活を優先してやめているので自分もなんとなくそのように。自分の好みもピアノ<<<<<<サッカーでしたし。しかしなかなか凄い先生に習っていたので小学校までの遺産だけで中学校においても一番うまい人間でした。なので合唱コンクールなど音楽がらみのイベントでは独壇場。全国レベルの合唱部に伴奏者として駆り出されたりも。その一方で小学校の時のような生徒会役員とかには興味なし。ほどよく悪ぶりたかったので(笑)。

というわけで、小学校時代に万能を誇っていた私もまずはスポーツ面で脱落することになります。

 

その他の面では小学校時代から愛読の「行け!南国アイスホッケー部」や「行け!稲中卓球部」で下ネタを大いに学ぶなどしていたのが記憶に残っています。勉強と音楽ができて、その2つには比較的劣る部活もサッカー部ということで、スクールカーストは多分上のほうと自覚しておりました。でもたま〜に周囲を敵に回して稲中の真似事をする羽目になったりもしてましたね。

 

なお、3年生の春にキムタクと山口智子の「ロングバケーション」が大流行しまして、ピアノ弾ける男子である私はかなりモテました。というか、それが人生最大のモテ期だったかもしれません。なので、今から思えば高校ではピアノを再開すべきだったんでしょうね。より好きなのはサッカーでも、相対的な実力や才能?でいうとピアノ>>>>>>サッカーだったので。向いているかどうかや実利よりも好きを優先してしまうのは美徳かもしれないけど、あまり賢明ではないよなと大人になった今は思います。

 

次は高校時代のお話。