バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

アイランズ⑨ アイル・オブ・ジュラ蒸留所

f:id:vagrantbartender:20190301112653j:plain

 Isle of  Jura アイル・オブ・ジュラ

エリア: ジュラ島
創設年: 1810年
所有者: ホワイト&マッカイ社
仕込み水: マーケット・ロッホ

 

 ジュラ島はアイラ島の北東の対岸に位置する細長い島で、人口も200人しかいない小さな島です。そしてヴァイキングの言葉で「鹿の島」という名前の由来通りに、ジュラ島には野生の鹿が5000頭も住んでいます。

 島の密造の歴史は古く、1502年にはすでに密造酒を作っていたという記録が残っています。現在確認されているスコッチ(の前身)の製造記録で最古のものが1494年ですから、こちらも最古に近いレベルであることがわかります。

 その密造所は島の中心部分にあったそうですが、ジュラ蒸留所もほぼ同じ場所に建てられました。創業は1810年ですが、地代のことで地主とトラブルになったため20世紀に入って約50年間は閉鎖されたままであり、殆ど歴史が途絶えた状況となっていました。

 1963年になってようやく島民の雇用を確保するために、インバーゴードン社がグレンアラヒーなどを手掛けたウイリアム・デルム・エヴァンスの設計により再建されました。

 すぐ隣のアイラ島の蒸留所との差別化を図るために、主にノンピートの麦芽を使っています。そしてスコットランド有数の大きさのポットスチルを使い、ハイランドに近いライトなタイプの個性のウイスキーを作るようになりました。

 

参考文献