バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

アイランズ⑦ アイル・オブ・ラッセイ蒸留所

f:id:vagrantbartender:20190223112402j:plain

 Isle of Raasay アイル・オブ・ラッセイ

エリア: ラッセイ島
創設年: 2017年
所有者:  R&Bディスティラーズ社
仕込み水: 不明

 

 ラッセイ島はインナーへブリディーズ諸島最大の島であるスカイ島の東に位置する人口120人の小さな島です。

 ここのもともとボーダーズ地方でブレンダーとしてビジネスをしていたR&Bディスティラーズ社が古いホテルを改装し蒸留所建設に乗り出しました。

 2017年に操業を開始し、現在は2020年の販売にむけて生産が続けられています。

 その出来栄えについては2020年が待たれるところですが、特筆すべきはホテルを改装してできた蒸留所ということで、素晴らしい宿泊設備が併設されています。

raasaydistillery.com ガイドツアーに参加して、テイスティングを楽しんだら、そのあとは泊まってったらいいじゃな〜い的なことが書かれています。

 

 アイル・オブ・ハリス蒸留所もそうでしたが、これまでに開発が進んでこなかった離れ小島の蒸留所は、ウイスキーなどのお酒を作って売るのみならず、島を潤す観光の名所と拠点を兼ねる場所を目指したデザインがなされているようです。

 

 さてこのR&Bディスティラーズ社、もともとがブレンダーですので、既にラッセイの名を冠したボトルを発売しています。その名も「Raasay While We Wait」(ラッセイを待つ間)。なんとも直球。もちろんラッセイ蒸留所の原酒はまだ熟成中ですので、中身はハイランド産のウイスキーとのこと。

 これを飲みながら、気長に待ってくださいねということなのでしょう。