バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

バーの主役は誰だろう??

f:id:vagrantbartender:20190114135511j:plain

昨晩Twitterに投稿したつぶやきが私史上最大の100いいねを超えまして。
(まあ殆ど広瀬砲と田端砲の効果ですが)

 

 「コアなファンつまり濃い常連様によってその店の空気が形成される」と書きましたが、この時にずっと昔から抱いている疑問?がまた蘇ってきたんですね。

 

「バーの主役は誰だろう?」

あるいは

「バーに不可欠なものは何だろう?」

 

お客様が主役?

どこかから借りてきた優等生的な答えならばそうなります。お客様がいなければバーは存続できません。しかしお客様だけではバーは成り立たないのは必定。

 

バーテンダーが主役?

誤解を恐れずに言えばそうとも言えます。バーテンダーのいないバーはバーとは言えません。

お酒が主役?

 これからの時代どうなるかわかりませんが、少なくとも現在はバーにはお酒があるものです。お酒なしにバーと呼ぶことは難しいでしょう。

お店が主役?

これはお店のハコのことです。つまり内装や座席の特徴。このカウンターが好き、など。なんといってもお店の宣伝に使われるのはこの部分ですし、そもそも物理的に不可欠なのは考えるまでもないでしょう。

 

 

次に、何を求めてバーにくるのかという問いがあります。〇〇目当て、という言葉がよく使われます。

それも上記同様、特定のバーテンダーがいるからであったり、特定のお酒があるからであったり、特定のお客様がいるからであったり、好きなインテリアだからだったりしますが、どれかひとつでもなければ必ずしも全部ではなく、かといって「これとこれ」みたいなものでもない。

書いていてもなんてとりとめのないものなんだろうかと思います。

 

しかしあるんですよね、バーテンダーをしていると、「奇跡の瞬間」のようなものが生まれるのを目の当たりにすることが。

 その場にいるのがこのメンバーだったから、この席のレイアウトだったから、これを飲んでいたから(または酔っ払っていたから)こんなに楽しい瞬間が生まれた、楽しい夜になったというようなことです。

 みんなが主役といえば簡単なのだけれど、でもいつだってそうなるわけでもない。どの要素が欠けても起こらなかっただろうし、かといってその要素を集めればまた同じになるかといえばならないだろう・・・そういった時間があります。

 

 その時間こそが、バーの本当の良さだと私は考えています。

 

 また何度でもその瞬間に立ち会いたい。

 

 バーの主役は誰か。答えが出ないし、出す必要のないものであろうことは分かるんですが、こうしてふとした際に頭をよぎります。

 何か発見があれば追記しますが、もともととりとめのない話になるのはわかっていたので、今日はこの辺にしておきます。
https://twitter.com/vagrantender/status/1084515591442989057
httpshttps://twitter.com/vagrantender/status/1084515591442989057://twitter.com/vagrantender/status/1084515591442989057