バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

アイラ➀ ブナハーブン蒸留所

f:id:vagrantbartender:20181205013050j:plain

 Bunnahabhain ブナハーブン

エリア: アイラ島
創設年: 1881年
所有者: アンゴスチュラ社(バーン・スチュワート社)
仕込み水: マーガデイル川

f:id:vagrantbartender:20181206005123g:plain

 

アイラ島第一弾は最北端のブナハーブン蒸留所。

第一弾にして最北端、そしてアイラで最も・・・

影の薄い蒸留所です(ファンの方ごめんなさい、いや、ファンの方もそんなところがちょっと好きなはず・・・!)

 

それもそのはず、スモーキーフレーバーがアイラの代表的な特徴という中で、ブナハーブンは最も軽い風味を持っており、「異色」と言われています。

 蒸留所は1881年にロバートソン&バクスター社のウイリアム・ロバートソンと、グリーンリース社のグリーンリース兄弟によって建てられました。アイラ島の他の蒸留所は軒並み歴史が古いので、2005年にキルホーマン蒸留所が出来るまで、アイラで最も新しい蒸留所でもありました。
 ブナハーブンとはゲール語で「河口」の意味。

 ハイランド・ディスティラリー社の時代が長く、カティサークやフェイマスグラウス、ブラックボトルなどのモルト原酒を生産してきましたが、2003年にバーン・スチュワート社が買収し、シングルモルトにも力を入れるようになってきています。

 

参考文献