バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

ウイスキー用語集:「スモーキーフレーバー」「ピート」とは?

f:id:vagrantbartender:20181106022309j:plain

 スコッチ界隈で聞く用語に「スモーキー」だとか「ピートが効いている」というものがあります。

  これはスコッチならではの特徴でして、一般には燻したような香りがして、好き嫌いの分かれるところでもあります。かくいう私も学生時代にあまりウイスキーに馴染みのなかった頃はこの香りと味が苦手であったように記憶しています。

 さてどうしてこのような香りがつくかといいますと、スコッチの原料となる大麦麦芽を生成する工程の最後に麦芽を乾燥させるのですが、その乾燥の仕方でスコッチの個性が大きく変わってきます。

 ※大麦麦芽を生成する工程については前回の「フロアモルティング」をどうぞ。

www.vagrantbartender.com

  麦芽の水分を取り除き、芽の生長を程良いところで止めるために乾燥を行うのですが、その際に古くはピート(泥炭)と呼ばれる化石燃料の一種を燃やして、その煙で乾燥させていました。それによって煙の香りが大麦麦芽に染み込み、仕込みの工程で液体となり、蒸留や熟成をして製品化されたスコッチにもその香りが残るというわけです。

 とはいえ、技術の発展とピートの採掘作業が重労働であること、そして蒸留所ごとの個性の面から、近年では無煙炭とピートを使い分けて、それぞれでの乾燥時間を管理するのが主流となっています。現在では100%ピートのみを燃料として乾燥を行なっているのはキャンベルタウンのスプリングバンク蒸留所で作られている「ロングロウ」のみです。

 ところでピート(泥炭)がどういうものかと言いますと、既述の通り化石燃料の一種で、下図のような外観をしています。

f:id:vagrantbartender:20181106022336j:plain

 これはスコットランドに多く生育するシダ植物などの湿地植物が枯死したものが堆積してできたもので、石炭の一種です。わかりやすく言えば石炭と泥の間のようなものだとか。

 

  この乾燥工程を由来とする香りを「スモーキー」「ピーティー」と表現することがよくありますが、では、「スモーキー」と「ピーティー」の違いはなんなのでしょうか。

 諸説ありますが、私は「スモーキー」とはあくまでその名の通り「煙の香り」であると捉えています。そして「ピーティー」とはピート由来の香りであること。こちらはわかりにくいですが、ピートの中に含まれる香味成分(=植物や海藻の香り、薬品臭、消毒液臭)などもと考えています。飲んだことのある方には、という条件付きでわかりやすい例を挙げれば、アードベッグはスモーキーさが強く、ラフロイグはピーティーな感じがします。正露丸はスモーキーではない、といえばしっくりくるでしょうか(笑)

 

 さらに具体的には、この香りはピートの燻煙に含まれるフェノール、クレゾール、グアイアコールといったフェノール化合物に由来しています。その強弱を示す参考値としてフェノール値が用いられ、単位はppmで表されます。通常、ライトリーピーテッド麦芽では2〜5ppm、ヘビーリーピーテッド麦芽で20ppm以上と言われています。

 参考までにアイラ島のシングルモルトを例に挙げますと、

 ボウモア・・・20〜25ppm
   ラフロイグ・・・40〜50ppm
   アードベッグ・・・50〜60ppm
  オクトモア(ブルイックラディ蒸留所)・・・153〜208ppm

とされています。あくまで参考値ですので、オクトモアがアードベッグの3〜4倍すんごい匂いがするかというと、実はそうでもありません。発売当初は結構ビビりながら開栓した覚えがありますが・・・数字から想像するほどではなかったw

 

スコッチを語る時に欠かせない要素の一つであると思いますので、是非とも参考にしていただければと思います!

 

参考文献