バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

スペイサイド ㊷ グレンアラヒー蒸留所

f:id:vagrantbartender:20181009005448j:plain

Glenallachie グレンアラヒー

エリア: スペイサイド スペイ川中・下流域
創設年: 1967年
所有者: グレンアラヒー・ディスティラー社
仕込み水: ベンリネス山の近くの泉

 

 ゲール語で「岩の谷」の意味を持つグレンアラヒー蒸留所は1967年にスコティッシュ&ニューカッスル社がブレンデッドのマッキンレーズの原酒の確保のために設立したもので、ウィリアム・デルム・エヴァンスがデザインを手がけた4番目の蒸留所として知られています。

 エヴァンスはチャールズ・ドイグと並ぶ蒸留所建設の第一人者として知られていますが、白く塗られた近代的な建物は機能美においてはあまり蒸留所らしくないデザインであるため評論家筋の評価は芳しくありません。確かに「昭和の工場」感は否めません・・・。

 1985年にインバーゴードン社に買収されたものの87年に操業停止。1989年にペルノ・リカール社が買収して操業が再開されました。ブレンデッドのクランキャンベル、キングスランサム、ハウス・オブ・ローズなどの原酒に使われていましたがシングルモルトとしてはほとんど出回ることはなく、知名度は皆無といってよい状況が最近まで続いていました。

 しかし2017年に状況が一変します。Billy Walker,、Trisha Savage、Graham Stevenson という3人の男女がグレンアラヒー・ディスティラーズ社を立ち上げ独立。経営体制やロゴ等を一新してブランドの構築に取り掛かりました。そして2018年の7月、フラッグシップとなる10年、12年、18年、25年熟成のオフィシャルボトルが世界に向けて発売されました。日本でも手に入るようになり、今後も注目の蒸留所の1つとなりました。

 

参考文献