バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

スペイサイド ㊳ クラガンモア蒸留所

f:id:vagrantbartender:20180926233111j:plain

Cragganmore クラガンモア

エリア: スペイサイド スペイ川中・下流域
創設年: 1869年
所有者: ディアジオ社
仕込み水: クラガンモア丘の泉

 

 これも私のお気に入りモルトの1つ。豊かな香りとコク、華やかさとバランスの良さが秀逸で、グレンモーレンジとならんで女性や初めてウイスキーを飲む方にオススメしたい銘柄のひとつでもあります。

 ゲール語で「突き出た大岩のある丘」を意味するクラガンモア蒸留所は、1869年にジョン・スミスによって建てられました。一説によるとジョン・スミスはザ・グレンリベット創業者ジョージ・スミスの私生児とも言われ、当時のハイランドにおけるエリートウイスキー職人の一人でした。クラガンモアを創立する以前にマッカラン、グレンリベット 、グレンファークラスなど、名門蒸留所のマネージャーを歴任。その後にクラガンモアの丘から湧き出る良水の存在と、当時スペイ川沿いを走っていたストラススペイ鉄道による交通の便が決め手となり現在のバリンダルロッホの地に理想とする蒸留所を建てました。

  評論家の故・マイケル・ジャクソン氏の採点でもオフィシャルボトルの12年物が90点とスペイサイドではマッカランとロングモーンに続く高得点。ディアジオ社がスペイサイドに所有する20近い蒸留所の中から、クラシックモルトの代表にも選ばれています。

参考文献