バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

スペイサイド ㉟ バルミニック蒸留所

f:id:vagrantbartender:20180919170938j:plain

 Balmenach バルミニック

エリア: スペイサイド スペイ川中・下流域
創設年: 1824年
所有者: タイ・ビバレッジ社(インバーハウス社)
仕込み水: クロムデイル川

 

 バルミニック蒸留所は、19世紀初頭、スペイ川上流のグラン・タウン・オブ・スペイの街から7キロ下った地にジェームズ・マクレガーによって建てられました。

 認可蒸留所としての正式な設立年は1824年ですが、スペイサイド の多くの蒸留所同様、それ以前から密造所としてウイスキーを作ってきました。しかしある日税吏がマクレガーの「農場」を訪れて盛大な歓待を受けた際、不審な小屋が目につき「あの小屋はなんだ?」と聞きました。するとマクレガーは「ピートの小屋だ」と答えました。盛り上がった宴席のあと、税吏は密かに「あのピート小屋のために免許をとった方がいい」と忠告していったといいます。見て見ぬ振りをした優しさか、それとも次はないという警告か、あるいはその両方かはわかりませんが、ともあれ免許取得のきっかけになった逸話とされています。

 創業から約100年はマクレガー家が経営していましたが、1925年にDCL社が買収。1970〜1980年代のウイスキー不況の際も操業は続けられましたが1993年に閉鎖。その後インバーハウス社に売却され1998年に操業を再開。現在も同社の経営となっています。

 

・・・バルメナックとの表記もされうようです。

 

参考文献