バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

スペイサイド ㉚ ブレイヴァル蒸留所

f:id:vagrantbartender:20180907101613j:plain

Braeval ブレイヴァル

エリア: スペイサイド リベット地区
創設年: 1973年
所有者: ペルノ・リカール社
仕込み水: ブリーニーの泉、ケイトの泉

 

 ブレイヴァル蒸留所は1973年にシーグラム社によって1975年創業のアルタベーン蒸留所とともに建設されました。当時はザ・グレンリベットにあやかって「ブレイズ・オブ・グレンリベット」(Braes of Glenlivet)と呼ばれていましたが、シーグラムがシーバスブラザーズ社を買収したことによってザ・グレンリベットが傘下となったため現在の名前に改名されました。

 またブレイヴァルはスコットランドで最も標高の高い蒸留所でもあります。標高は350メートル。蒸留所のあるチャペルタウンは、宗教弾圧から逃れたカトリック教徒が建設した村で、観光客はおろか地元の人も滅多に足を踏み入れない隠れ里です。

 (そういうところの方がビジターセンター完備の大規模有名蒸留所よりも訪れてみたくなるのは私だけでしょうか・・・)

 同時期に建てられたアルタベーン蒸留所同様、外観は伝統的な造りですが、内部の設備は近代的。6人ほどのスタッフのみで生産をしています。

 

参考文献