バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

スペイサイド ⑳ グレンロセス蒸留所

f:id:vagrantbartender:20180822011049j:plain

Glen Rothes グレンロセス

エリア: スペイサイド ローゼス地区
創設年: 1878年
所有者: エドリントン・グループ社
仕込み水: アードカニーの泉、フェアリーズウェルの泉

 

 実は私が個人的に好きなシングルモルトの一つです。

1878年に建てられましたが、当時融資を受けていたグラスゴーの銀行が倒産。大幅な資金計画、建設計画の縮小を余儀なくされました。しかしウイスキーの評価は高く、ブレンダーの間では常にスペイサイド の「トップシックス」に数えられるモルトでした。

 現在はマッカランと同じエドリントン・グループ社の傘下であるものの、ボトルはボトラーズとして有名なベリー・ブラザーズ&ラッド社の販売する丸型のボトルで、ラベルはブレンダーがテイスティング時に使用するサンプル用のラベルを用い、スペックが手書きで書かれるようになっています。
 ちなみにグレンロセスはブレンデッドのカティサークの核となる原酒に使われますが、そのカティサークを生み出したのがベリー・ブラザーズ&ラッド社。したがって両者は非常に馴染みの深い関係にあると言えます。

 ちょっとした逸話として、以前、設備の近代化に伴いウォッシュバック(発酵槽)を木製からステンレス製に変えたところウイスキーの味が大きく変わってしまったため、オレゴンパイン製の発酵槽に変えたということがあります。

参考文献