バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

スペイサイド⑭ グレントファース蒸留所

f:id:vagrantbartender:20180813184641j:plain

Glentauchers グレントファース

エリア: スペイサイド キース地区
創設年: 1898年
所有者: ペルノ・リカール社
仕込み水: 近くの丘の上の泉

 

グレントファース蒸留所は、デュワーズ社、ジョン・ウォーカー社と並び当時ブレンダーのビッグ3と呼ばれていたブキャナン社の創業者、ジェームズ・ブキャナンによって1898年に建てられました。そばにトファーズ・ウッドと呼ばれる森があったことから、その名前が付けられたと言われています。

写真左手のレンガ造りの建物は蒸留所建築の名手・チャールズ・ドイグの手による熟成庫で1923-25年の改修工事の際に建てられました。また右手の白い建物は1965年に新しく建て替えたれた蒸留棟。窓からポットスチルが見えるのが特徴です。

1980年代にウイスキー不況のあおりをうけ85年に閉鎖しますが89年にアライド・ディスティラリーズが買収し操業を再開。2005年には現在のペルノ・リカール社の傘下となっています。

グレントファースもまた、バランタインやブラック&ホワイトなどのブレンデッドウイスキーにほとんどが使用され、オフィシャルのシングルモルトを出していない蒸留所のひとつですが、ボトラーズのものであれば現在も数種類手に入れることができます。