バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

スペイサイド ⑤ グレンロッシー蒸留所

f:id:vagrantbartender:20180721104249j:plain

 

Glenlossie グレンロッシー

エリア: スペイサイド エルギン地区
創設年: 1876年
所有者: ディアジオ社
仕込み水: バードン川

 

 こちらもよく主に「ヘイグ」「ディンプル」といったブレンデッドウイスキーに使用されるためあまりシングルモルトは出回っていない、しかし非常に評価の高い蒸留所です。1898年のパティソンズ社の倒産の裏でその存在感を増したDCL社(現ディアジオ社)1919年に買収されましたが、その傘下にあるジョン・ヘイグ社によって今日に到るまで経営されています。今までにみてきた蒸留所と比べると、かなり安定して操業が行われてきたといってよいでしょう。

 その中で1971年には敷地内に第二の蒸留所が建設されました。それがマノックモア蒸留所で、詳しくは後日記載するであろうマノックモアの記事に譲りますが、現在も姉妹蒸留所として操業を続けています。

 3つの再溜釜にとりつけられた精溜器によってもたらされるすっきりと軽めで、なおかつ華やかなフルーティな味わいが特徴。