バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

スペイサイド③グレンバーギ蒸留所

f:id:vagrantbartender:20180718105917j:plain

Glenburgie グレンバーギ

エリア: スペイサイド エルギン地区
創設年: 1810年
所有者: ペルノ・リカール社
仕込み水: 近所の名前のない泉

 

スコッチの蒸留所には大きく分けて2通りのタイプがあります。

グレンフィディックやマッカランなど「シングルモルトを多くリリースする蒸留所」
そしてこのグレンバーギのように「シングルモルトをあまり出さない蒸留所」。

それゆえに一般的には有名な銘柄とは言えませんが、スコッチに詳しい人々の間では「バランタイン魔法の7柱」のひとつとして知られています。

※バランタイン魔法の7柱

  • Scapa スキャパ
  • Pulteney プルトニー
  • Balblair バルブレア
  • Glencadam グレンカダム
  • Glenburgieグレンバーギ
  • Miltonduff ミルトンダフ
  • Ardbeg アードベッグ

 バランタインはブレンデッドウイスキーですので複数のシングルモルトとグレーンウイスキーをブレンドして造られますが、その時に核となるモルト(=キーモルト)がこの7つのシングルモルトというわけです。

 写真の建物にはグレンバーギではなくバランタインのロゴが書いてありますが、シングルモルトよりもそれを主としたブレンデッドの銘柄の方が有名な場合はよくブレンデッド銘柄が前面に押し出されることがあります。アメリカで一番人気のあるブレンデッドスコッチである「デュワーズ」も「アバフェルディ」というシングルモルトが核になっていますが、アバフェルディ蒸留所もデュワーズを前面に押し出しています。
 (ただし、アバフェルディ蒸留所はもともとがデュワーズの原酒をつくるために建てられた蒸留所なので少し毛色は違いますが)

 

 創業は1810年と比較的古く、当初はキルンフラット蒸留所と言われていたそうです。その後いくつかの会社に買収をされますが、そのたびに近代化・拡張工事が行われたため、古い創業年ではありますが歴史的な建物は残っていないようです。

 味わいは瑞々しい梨の香りがしてライトでフルーティ。スペイサイド の隠れた佳酒と言われています。