バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

伝説のバーテンダー

f:id:vagrantbartender:20180518111406j:plain

 

日本にはレジェンドといわれるバーテンダーは多くいます。

大体は銀座界隈に集中しておりどなたも素晴らしいバーテンダーです。

そしてやはりそれぞれに個性があるので一般的なバー、バーテンダーと同様にお客様の個性やその日の気分、飲みたいお酒によって合うバーテンダーは変わってきますので、レジェンド級のバーテンダーであっても多いに越したことはないと思います。

 

そんな中、まさにレジェンド・オブ・レジェンズと言うべきバーテンダーが、銀座ではなく山形県の酒田市にいらっしゃいます。

 

井山計一氏。御年92歳。

山形県酒田市において「ケルン」を経営。現役最高齢のバーテンダー。
オリジナルカクテル「雪国」が1958年の寿屋(現サントリー)カクテルコンクールで優勝し、現在では世界的なスタンダードカクテルとして知れわたる。

 

 

お会いして来ました!!

 

 

 19時過ぎにお店に入ると、井山さんはテーブル席の椅子に腰掛けてテレビで野球を観てました笑

 ウエイトレスの可愛らしい女の子に案内されてカウンターに。いきなり雪国を注文するのもいかにもな感じでアレだな〜、と思い、一杯目はジントニック。

 

 二杯目に雪国を注文しました。

f:id:vagrantbartender:20180518112056j:plain

 

当初は、雪国を頂いたら早々に店を出るつもりでした。何と言ってもご高齢、前日も体調が悪くてお店を休みにしたと伺っていたのでそう無理はさせられないだろうと。

・・・大変申し訳ありません。私、伝説のバーテンダーをナメてました。

 

まさかのマシンガントーク笑

 

 「いや〜昨日はなんだか鼻水とまんなくてさ〜」から始まり、仙台での修行時代から、雪国のこと、他のコンクール受賞作や、その授賞式でのこと、NBA(日本バーテンダー協会)のことなどなど・・・結構休む間も無く喋り続けます。

 

  私のあとにもう一名男性が入って来たのですが、その方とは北海道の苫小牧あたりの炭鉱についてお話されてました。その辺にも短期間で住まれたことがあるらしく。

 私はその話は聞いたり聞かなかったりでしたが、とにかく話が面白い。やはり年齢分ネタの宝庫です。

 意外だったのが、今でも仙台や全国各地のバーのイベントでの講演等の依頼が絶えずあるそうです。向こうが来るならともかく、東京やら大阪にしょっちゅう来いとは、なかなか容赦ないなあと思っていると、最近は断ることが多いのだとか。やはり高齢だしなと思っていると、

 

「いや〜、杖ついて歩ってんの、見られたくないんだよね〜」

 

このセリフに、現在まで現役バーテンダーを続けて来られている、矜持のようなものが込められている気がしました。

 あくまで人に見られる仕事であるということ。プライドを持って仕事をしていること。大事なことを教えられたような気がしました。

 世界的スタンダードカクテル「雪国」で有名な井山さんですが、それはこの方のあくまで氷山の一角に過ぎないというのが、実際にお会いして得た印象です。正直なところ、技術面では手元がおぼつかない部分がどうしてもありますが、接客の面においてはその年齢を忘れさせるものがあります。

 

 ということで、2杯で帰るつもりが、マティーニ、プチシャトー(1981年 日本バーテンダー協会主催 全国バーテンダー技能競技大会 創作部門優勝)を加えた4杯をいただき、結局閉店間際の22時までいてしまいました(汗)

 

 これがバー、だなあ・・・

 

 私のいた時間帯で訪れたのは私と、前出の男性一名のみでしたが、この期間はゴールデンウィークと、18日から始まる酒田まつりとの間の期間で閑散期になるそうです。

 ゴールデンウィークは物凄く多忙だったそうで。しかもみんな井山さん目当てに来るので、誰かが代わりにカクテルを作ることも許されない(以前奥様がご健在の時にカクテルを作ろうとすると「母ちゃんのは頼んでないよ〜」と言われてしまっていたそうです)とのことなので、井山さんが奮闘するしかない。いやはや頭が下がります。

 

 そう考えると、今回私が訪れたタイミングは、私としては非常にラッキーだったようです。あの井山さんをほぼ独占できるなど、そうそうないことなのでしょう。 

 ※私自身「バーテンダーを独占してはならない」って言ってますもんね苦笑

 

www.vagrantbartender.com

 非常に満足した気持ちでお店を後にしました。
  初来店で、しかも遠方のお店で、ここまで来てよかったと思えたことは初めてかもしれません。「ぜひまた訪れたいバー」がひとつ増えました。その時は今回とは違ったお酒を注文したり、井山さんはいらっしゃらないとのことですが、ランチタイムのコーヒー等も大変評判がよいとのことなので訪れてみたいと思います。

 

 ところで、この井山計一さんの半生とその代表作「雪国」が映画になるそうです。

 その名も「YUKIGUNI」。

 

yuki-guni.jp

f:id:vagrantbartender:20180519100154j:plain

 

 

 

地元である酒田にはこの映画のポスターが張り巡らされていました。
 5月24日、6月23日、24日に酒田では上映されるそうですが、全国ではいつ、どこの映画館で上映されるかはまだ未定だそうです。

 発表されたらぜひこのブログでお知らせしたいと思います。

 

 

良い気分で宿に戻り、すぐに就寝。
翌日はまた違う場所へ移動するのでいつもより早起きです!