バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

お酒の種類について

f:id:vagrantbartender:20180226234412p:plain

 

さて今回からはバーにおける〇〇ではなく、お酒について語っていきたいと思います。
もちろん、この知識を踏まえた上でバーを訪れればより楽しみが広がることは間違いありません。

 

今回はお酒の大まかな種類について。醸造酒・蒸留酒・混成酒の3つがあります。
実はバーに通っている方でもここを混同している方はちらほら見受けられます。

 

醸造酒とは

醸造酒とは、原料の糖分を発酵させることでできるお酒全般を言います。

その中でも、原料の成分が糖質か、でんぷん質かによって2種類に分かれます。

 

原料が果物の場合はその中に糖質が含まれているので、その糖質を直接酵母により発酵させます(単発酵)。
例:ブドウ→ワイン 、リンゴ→シードルなど。

 

原料が穀物の場合はでんぷん質を一旦糖化酵素の働きにより糖化させてからその糖質を酵母により発酵させます(複発酵)。

例:大麦→ビール、米→清酒(日本酒)など。

 

蒸留酒とは

蒸留酒とは、醸造酒のように糖質を発酵させてできた液体をさらに蒸留することで造る、アルコール度数の高いお酒のことを言います。スピリッツとも。

 

 ※ここでの蒸留とは:アルコールの混ざった液体を熱していくと、水に比べてアルコールの方が沸点が低いため(水の100℃に対してアルコールは78.3℃)、先に気化していきます。この蒸気を集めて冷やすことで、アルコールが凝縮した液体を得る工程を蒸留と言います。

 

 蒸留酒も原料によって種類が分かれます。

原料が果物の場合

例:ブドウ→グレープブランデー、リンゴ→アップルブランデー、サクランボ→キルシュなど。ただし、グレープブランデーは単にブランデーと呼ぶことが一般的です。

 

原料が穀物の場合

例:大麦・小麦・ライ麦などイネ科植物→ウイスキー、ジュニパーベリーやその他穀物草根木皮→ジン、じゃがいも他→ウォッカ、サトウキビ→ラム、竜舌蘭→テキーラなど。

 

さらに、樽による熟成を必要とするウイスキーやブランデーをブラウンスピリッツ、熟成をしていないものをホワイトスピリッツと言います。

 

混成酒とは

多分これが一番分かりにくいかもしれません。なぜなら醸造酒や蒸留酒はお酒にまつわる会話の中で「醸造」や「蒸留」と言葉が普通に出てきますし、普段から醸造酒、蒸留酒と呼ばれていますが、混成酒はこういった文脈でないとなかなか出てこない用語です。

混成酒とは普段用いる言葉の「リキュール」のことです。
ではリキュールが何かというと、上記の醸造酒や蒸留酒に果実や果汁、果物の皮、薬草、種子や糖分などを浸漬、添加して作り出すお酒の総称です。

カシスオレンジでおなじみのカシスリキュール(果実系)や、カンパリ(薬草系)、アブサン(薬草系)、カルーア(種子系)などが代表的です。

 

たまにリキュールをお酒全体を指した英語と混同している方がいます。
例えばマティーニを指して「これは二つのリキュールが使われているんだよ」といった具合です(※実際はマティーニではなかなか言われませんが便宜上マティーニにしました)。マティーニの場合、リキュールと呼べるのはベルモット (白ワインにニガヨモギなどの香草を浸漬して造るフレーバードワイン )だけです。ジンはリキュールには入りません。

おそらくは単なる言葉の覚え間違いか、お酒全般を指す英語のリカー(Liquor)と混同しているものと思われます。リキュールはLiqueurと書きます。

 

以上、お酒を大まかなジャンルで分けるとこうなります!