バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

バーでのデートの心得・その2

f:id:vagrantbartender:20171231180408j:plain

 

皆が気になるバーでのデートの心得、後半です!
※基本的に男性向けの内容となっておりますが女性の方も参考にどうぞ。

2. 下見をせよ

 バーテンダーときちんとコミュニケーションがとれるのがカッコいい。
 バーでのデートの心得・その1ではそのようにお伝えしました。

 とはいうものの、初めて訪れたお店でそれをやるのはなかなか大変です。

 バーテンダーがどんな方かもわからないですからね。

 

 

 だから下見をしましょう!相手との付き合いの深さにもよりますが、バーに限らず、行った事の無いお店をデートに利用するのはリスクを伴います。付き合いの長い相手であればそれも面白いですが、付き合いたてであるとか、初デートであるとか、恋人未満であるとか、そういった場合には行った事の無いバーはおすすめできません。

 

 なぜならこのブログでこれまでにも申し上げて来たように、一口にバーと言ってもさまざまなお店・空間があるからです。そしてそれは必ずしもデートに相応しいものであるとは限りません。

 

例えばネットで調べたところ凄くいい雰囲気だったけれども、

・実物はとても狭くて他のお客様との距離が近すぎる(相手ともくっつけますが…)

・客層が悪い

・騒がしい客が多い

・女性客が極端に少ない(初めて訪れた店に自分以外男性しかいない、というのも女性にとって居心地のいいものではないでしょう)

・バーテンダーの性格に難がある、自分とは合わない、

・サービスの技術や接客態度が悪い(悪気がない場合もあります)

・トイレが不衛生である、アメニティ類など女性への配慮が欠ける

・お酒や料理が口に合わない

 

すぐ思いつくだけでもこれだけの不安要素があります。

どれかひとつでもヒットしたらデートには不向きと言えるでしょう。

 

 ぜひ下見をしてこれらの要素がないかどうかチェックしてみてください。
そしてその際に、バーテンダーの得意なカクテルやオススメのお酒を聞いておくと良いでしょう。そうすれば本番でスムーズに注文したり、相手にオススメしたりもできます。もし信頼できそうなバーテンダーであれば後日デートに使おうとしている旨を伝えて相談してみてもよいでしょう。バーテンダー側でもそれがわかっていればオススメするラインナップを事前に考えたりすることもできますので。

もちろん、その1であげた「バーテンダーとのコミュニケーション」もグッとしやすくなり、いかにも熟れている雰囲気を出す事も不可能ではないでしょう。

 

デートで見栄を張ったり、自分の実力以上のことをしようとするのは失敗のもとでしかないですが、自己演出は必要です。むしろ女性を誘うのであればそれがマナーとも言えます。問題はそれを付け焼き刃で行うことです。何事でも重要であり、そして人から評価されるための秘訣は「事前の準備」。

 

 大事なのは「結果」でしょ?という声が聞こえて来そうですが、

 

事前の準備のなくして得られた「結果」は「偶然」「まぐれ」と呼ぶべきものです。

 

「結果」の反対は「原因」。その「原因」をしっかり作り上げる準備をすべきです。

 

 そして何より、女性は「見栄を張って背伸びしている」ことを一発で見抜きますが、その裏返しとして「自分のために準備を怠り無くしてくれている」ことも見抜きます。

 

 自分とのデートに応じてくれる女性への誠意としても、利用しようと思っているバーはしっかりと下見をしましょう。

 

 

しかしここで注意点がひとつ。

 

下見をしすぎてデートで利用する前にそのお店の常連になってしまうのもオススメできません。

なぜか。

 常連になるということは、そのお店に関わる人達に顔や名前を覚えられているということです。その人が「女性とツーショットでお店に登場」となれば周囲がざわつくことも考えられます。酔っぱらった常連さんから「え、〇〇さん、デート?」「酔わせて何するつもり?」などと余計な言葉が飛んでくるかもしれません。そこまで空気の読めない発言はないとしても、いつもコミュニケーションをとっている方々が気を遣ってくれた結果なんとなくよそよそしい感じになったり、あるいは自分が周囲を気にして自分の言いたいことを言えない可能性もあります。そして最悪の、しかしよくあるパターンとして、自分たちが去ったあとに残った常連さんの間での噂話の格好の餌食になってしまうこともあります。そんなの気にしないという強靭なメンタルをお持ちの方はいいですが…

 常連となったお店に連れて行くのは、交際に発展した後ある程度関係が深まってからの方がよいでしょう。

 

 また、大きな声では言えませんが、常連になったお店だと

 違う女性をつれて行きづらくなります。詳細は割愛しますw

 

 

 準備は大切ですが、本番に活かすことができないものなら準備とは言えません。目的をきちんと把握するようにしましょう。

 

 さて2回に渡ってお送りしてまいりました「バーでのデートの心得」、いかがでしたでしょうか。意中の女性がいる方で、バーに誘ってみたいという方はぜひ参考にしていただければと思います!