バーとお酒の入門講座

バー初心者の方を対象に、バーならではのマナーや楽しみ方、お酒に関する基本や雑学、豆知識を書いていきたいと思います。バーに興味はあるけれど、何だか最初の一歩が踏み出せない、そういう方の一助になれば幸いです。

こんなバーはやめておきましょう

f:id:vagrantbartender:20171213005311j:plain

なかなか入ってみないと分からないものですが、入ってしばらくして以下の特徴があるお店はあまりおすすめできません。

「よいバーとは?」の逆になりそうですね。

 

 

まずは

バーテンダーのやる気が感じられない

 やる気があるかがどういうことかといいますと、例えば初めてきたお客様に対して関心をもっているかどうか、また来て欲しい、(支障のない範囲内で)お客様のことをもっと知りたい、お店のことをもっと知って欲しいという意欲があるかどうかです。

 オーダーを受けるにしても、初めてのお客様なら素性がわからないですから、少し慎重にもなろうというものです。それを、メニューを出してその中から選んでもらい、ただ作って出すだけというのでは良いバーテンダーとは言えません。

 そのお店での一杯目の印象はとても大きいです。名刺代わりと言っていいでしょう。なので、「お口に合いますか?」とか「お好みがあればおっしゃってくださいね」などとお客様の好みの傾向を探り、またそうしてコミュニケーションをとるものです。そこを疎かにして、作って出したら後はお好きに、というのはあまりいただけません。

 

喋りすぎor喋らなさすぎ

 会話が得意なバーテンダーもいれば、寡黙なタイプのバーテンダーもいます。どちらかが良いということはありません。しかし、過ぎたるは及ばざるが如し。喋りすぎは単にウザいですし喋らなさすぎは怖いです。ではどれくらいが良いのかというと答えはありません。どれくらい喋ったか、喋らなかったかという絶対的な物差しではなく、問題は「お客様との距離感の取り方がまずい」ということです。バーテンダーは付かず離れずが基本です。

 

押し付けがましい

 店主にこだわりがあるのはいいことです。しかしそれをお客様に押し付けるとなると話は別です。おすすめ以外の飲み方や商品を注文すると、気に入らないのが態度に出る人もいます。より悪いのは自分の気に入っているジャンル以外のお酒を貶める傾向にある場合。100%好みが合致する場合を除いてはあまりいい思いをしないでしょう。ただし100%合致する場合でも、「自分の幅を広げるのがバーの愉しみ方」という観点からすると、やはりオススメはしにくいです。もちろんこれは私の考えなので、それこそ押し付けることはできませんが…。

 

お客様を守らない

 お店の雰囲気を壊すようなお客様が来た時や、お客様同士で諍いが起こりそうになった時に自分が間に立ってお客様が出来る限り嫌な気分にならないような行動ができなければなりません。当人たちはもちろん他のお客様も嫌な気分になるのでエスカレートしないように収めなければなりませんが、そういう行動に出られないバーテンダーのいるお店はやはりあまり良くないと言えます。

 

常連客や一部の客ばかりの相手をする

 馴染みのお客様が多いと陥りがちですが、これをやってしまうと新規のお客様は疎外感を覚えてしまいます。どうやら仲間内で盛り上がりたいだけの店なのかと思うことでしょう。せっかく大なり小なりの勇気を出して来たのによそ者扱いでは、がっかりしますよね。かといって常連客に加わることを必ずしも求めていないこともあると思いますので、その空気を察しつつ、付かず離れずで接客してくれるのが良いバーだと言えるでしょう。

 

価格設定がよくわからないお店

 正直論外だとも思うのですが、結構あります。ボッタクリとまではいかずとも、酔っぱらいとみるやちょっとお会計に上乗せしたり、気に入っているお客様を安くして、恐らくしょっちゅう来るお客様ではないなというお客様を高くする、などというパターンです。納得した上でならなんとも言えませんが、止めておいたほうがいいでしょう。提示された会計額に納得がいかなければ内訳を聞いてみましょう。お客様の側でも酔っぱらっているとどれだけ飲んだかカウントしているものではないので、内訳がわかれば納得することもあるでしょう。それにも関わらず会計内訳の提示に快く応じられないということは、後ろめたいことがあるということです。

 

愚痴が多い

 これも意外と多いです。暇そうなお店に多いですね。「最近はすっかり暇で〜」「若者の酒離れが〜」「変な安酒が流行っちゃって〜」とか。どんなバーにも浮き沈みはあり、お客様がさっぱりこないなーという日や期間はあるものです。しかし友達や常連客ならともかく、初めて来たお客様にはそんなことは全く関係ありません。売上が悪く精神状態にも悪影響を及ぼしているのがわかります。結局お店にお客様があまりこないのを世の中だのなんだのと自分以外のせいにしている、暇になるべくしてなったお店です。時間とお金の無駄になるので早々に去りましょう。

 

 以上、まとめてみました。ダメなバーというよりは、ダメなバーテンダーの特徴になりましたね。どんなに店構えや内装が立派でも、中身の伴っていないことはあります。やはりバーは人で選ぶべきだと、私は思います。